こんにちは。

BodyKnowledge金沢八景整体院の小張です。

 

最近は夏のように暑いですね!

私は冬の寒さより暑い方が好きですけど(^^)

 

ところで、みなさんの家などにDMってよく来ませんか?

私のところにはどこで当院を調べたのか、『新しい治療法』や『経営スキルが身に付く』や『集客の方法』など頼んでもないのに、いろんなものがたくさん送られてきます(^_^;)

気になったのですが、この時のコンサルタントや講師の方達の写真です。

ほとんどの方が腕組みをしてます。

一般的に腕組みのイメージは『偉そう』、『怖い』、『性格きつそう』などですよね。

正直良いイメージは沸きません。

ではなぜ腕組みするのか?自分なりに調べてみました。

 

腕組みは心理的防衛というのが多いそうです。

*もちろん他にも理由があってカメラマンに頼まれたとか、かっこいいと思っているなどあると思います。

腕を組む姿勢は、潜在意識に『他人から心臓を守る』という心理が働いているといわれているようです。

防御の姿勢だともいわれtます。相手を拒絶・共感しないなど相手を受け入れないということです。

 

私のところに来るDMでいえばコンサルタントや講師の方達が相手(私の事)を受け入れないということになります。それでは良い技術や知識が学べるのか疑問ですね。

このように写真一つでも相手に与える印象やそこに映る心理が読み取れますので、少し違った角度から物事をみるとなかなか面白いですね。